--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/04/10

基本のクレープ

クレープ2
基本のクレープ 18cm×8枚
お菓子にも食事にも使える、基本のクレープの作り方。シンプルで美味しい配合です。

薄力粉 90g
砂糖 14g
塩 ひとつまみ
卵 2個
バター 30g
牛乳 200cc

1.ボウルに薄力粉、砂糖、塩をザルでふるって入れる。
2.真ん中にくぼみをつくり、卵を割り入れる。ホイッパーを垂直にして持ち、くるくる
  回すようにして混ぜる。まだ完全に混ぜなくても良い。
クレープ
3.バターを耐熱容器に入れ、電子レンジに10秒ずつかけ、溶かす。(レンジにかけす
  ぎると飛び散るので注意すること。)②のボウルに加え混ぜる。
4.牛乳を少しずつ加えながら混ぜる。ここで、ようやく全体が混ざった感じになる。
クレープ1
5.ラップをかけて1時間休ませ、ザルで漉す。
6.18cmのフライパンにバターを少量(レシピ外)入れ、中火にかける。バターが溶けて
  きたら生地をお玉ですくって、フライパンを回しながら入れ、薄く広げる。
7.周りが乾いてきたら、生地の下に菜箸を1本入れ、くるくる回して滑り込ませ、生地を
  持ち上げて裏返す。裏は、乾かす程度(10秒くらい)にし、網の上にのせて冷ます。

<ポイント>
余ったら、1枚ずつラップをして冷凍保存できます。

上の写真は、焼きたてのクレープに、グラニュー糖をふりかけただけの「クレープ・
オ・シュクル」です。シンプルですが、焼きたてのクレープの美味しさがよく分かります。

フランスでよく見かけるクレープは、日本で売られているのに比べると、とってもシンプル。
グラニュー糖以外では、ハチミツやジャム、ヌテラ(ナッツ風味のチョコレートペースト)と
いったメニューが人気のようです。ホイップクリームに果物いっぱい、という組み合わせも
捨てがたいですが、シンプルにいただくのも美味しいですよ♪

クレープは材料も作り方も簡単なので、ぜひお試しください。ツナやたまご、ハム、チーズ、
サラダなど塩系のものを挟んでも美味しいです。クレープを使った、とっておきのごちそう、
クレープグラタンの作り方はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
お菓子レシピ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。