--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/03/06

牛フィレ肉とフォアグラのソテー

牛フィレ肉とフォアグラのソテー
牛フィレ肉とフォアグラのソテー 2人分
あっさりしたフィレ肉と、トロリ濃厚なフォアグラが絶品!少し甘めの赤ワインソースでいただきます。記念日にどうぞ♪

牛フィレ肉 2枚
フォアグラ 約30g×2枚
塩 少量
小麦粉 少量
あればクレソン 少量
お好みで付け合せの野菜 適量

<赤ワインソース>
赤ワイン 100cc
バター 10g
はちみつ 小さじ1強

1.フィレ肉は、焼く30分以上前に冷蔵庫から出し、室温に戻しておく。
2.冷凍のフォアグラを使う場合は、フォアグラをビニール袋に入れ、氷水で解凍する。
  (大きさにもよりますが、10~20分で解凍できます。)
3.小さい鍋にソースの材料を入れ、トロッとするまで煮詰める。焦げやすいので、フライパンを
  ゆすりながら煮詰める。
4.焼く直前に、フィレ肉に塩、こしょうをふる。フォアグラは塩、こしょうした後、茶漉しで小麦粉を
  ふりかける。手の熱で、フォアグラが溶けるので、あまり手で持たないこと。
フォアグラ下ごしらえ

5.フライパンを2つ用意する。1つのフライパンに牛脂もしくは油を少量ひき、強火にかける。フライ
  パンが熱くなったら、フィレ肉を焼く。良い焼き色がついたらひっくり返し、裏側にも良い焼き色が
  ついたら、火を弱めて好みの焼き加減にする。
6.フィレ肉を焼いている途中で、フォアグラを焼く。もう1つのフライパンを強めの中火にかけ、熱く
  なったら、両面に良い焼き色がつくまで焼く。焼きすぎると脂が出すぎてしまうので気をつけること。
  目安は、片面2分ずつくらいです。
7.温めておいたお皿に、フィレ肉、フォアグラを盛り付け、ソースをかける。クレソン、付け合せの
  野菜を飾る。

<ポイント>
フォアグラはインターネット通販などで、手軽に入手できるようになりました。冷凍できるので
便利です!レストランで食べることを思えば、とってもリーズナブルですよ♪

今回、使用したフォアグラは、一切れ約30gでした。個人的に、20~40gくらいが良いかな?と
思います。

フィレ肉は、中までしっかり室温に戻すのがコツです。中が冷たいと、生焼けになってしまいます。

フォアグラは、室温に置いたままだと脂が溶け出してしまうので、焼くまで時間がある場合は、
冷蔵庫に入れておいた方が良いです。

せっかくなので、お皿は温めておきましょう。1分ほど電子レンジにかけると手軽に温められます。
電子レンジにかけられないお皿の場合は、お湯につけてから布巾でふきます。
スポンサーサイト
料理レシピ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。