--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/12/24

牛肉の赤ワイン煮 マッシュポテト添え

牛肉の赤ワイン煮4
牛肉の赤ワイン煮 マッシュポテト添え 5人分
牛肉をたっぷりの赤ワインで煮込んだ、とっておきの一皿。ちょっと軽めにアレンジしてあるので、とても食べやすいです!

牛バラ肉 500g
赤ワイン 1本
あればブランデー 50cc
玉ねぎ 1個
にんじん 1本
セロリ 1/2本
にんにく 1片
オリーブオイル 大さじ1
パセリ 2~3本
ローリエ 1枚
水 200cc
トマトの水煮 1缶(もしくは生のトマト1~2個)
小麦粉 少々
塩、こしょう 少々
クレソン 適量

(マッシュポテト)
じゃがいも 3個
牛乳  70~80cc
バター 小さじ2
塩、こしょう

1.牛バラ肉は5cm角に切る。赤ワインを加え、一晩漬け込む。
2.玉ねぎ、にんじんは皮をむき、薄切りにする。セロリは葉の部分もざくっと切る。にんにくは皮付きのまま包丁の腹でつぶし、皮を取り除く。
牛肉の赤ワイン煮
3.フライパンにオリーブオイルを加え中火にかける。②の野菜を加え、全体に油がなじんだらフタをして弱火にし、15分ほど蒸し炒めにする。焦げないように、時々木べらで混ぜること。しんなりしたら厚手の鍋に移す。
4.牛肉を赤ワインから取り出し、水気をキッチンペーパーでふき取る。塩、こしょうをし、小麦粉をザルでこしながら薄くふりかけ、全体にまぶす。
↓一晩赤ワインに漬けた状態。牛肉が赤ワイン色になっている。
牛肉の赤ワイン煮2
5.フライパンにオリーブオイルを薄く引き(分量外)、強めの火で牛バラ肉を焼く。全体に良い焼き色が付いたらブランデーを加え、アルコールを飛ばす。
6.野菜を移しておいた厚めの鍋に、焼いた牛バラ肉、牛肉を漬けておいた赤ワイン、ちぎったパセリ、ローリエ、水、トマトの水煮を加え、火にかける。
牛肉の赤ワイン煮3

7.アクを取りながら、フタを少しずらして弱火で2時間煮込む。
8.牛肉を取り出し、スープをザルで漉す。牛肉とスープを鍋に戻す。味見をして、塩で味をととのえる。
9.マッシュポテトを作る。じゃがいもは皮をむいて4等分に切り、柔らかくなるまで茹でる。ザルに取り、鍋に戻して火にかけ、水分を飛ばす。(粉ふきいもにする。)じゃいがいもをヘラでつぶし、ザルで漉してなめらかにする。牛乳、バターを加え、塩で味をととのえる。
10.温めた器に牛肉の赤ワイン煮を入れ、マッシュポテト、クレソンを添える。

<ポイント>
時間はちょっとかかりますが、難しいテクニックは要りませんし、誰でも美味しく作れます♪ほろほろと柔らかくなった牛肉に、深いコクのあるスープが絶品です。

今まで赤ワインだけで作っていましたが、今年はちょっと軽い口当たりにしようと、トマトの水煮缶を加えて作ってみました。美味しく出来るか心配でしたが、結果は・・・とーーーっても美味しかったです!本当は生のトマトを加える予定でしたが、トマトが高かったので水煮缶に変更しました。ということで、生のトマトでは作ったことありませんが、どちらでも大丈夫だと思います。後で漉すので、皮ごとザクザク切って加えてください。始めは、「トマト入れるの~?」と否定的だった母も、ひと口食べて「すっごく美味しい!」と言ってくれました^^

ブランデーは、あれば加えてください。風味付けです。赤ワインは、普通に飲んでも美味しいワインがオススメですが、1000~1500円くらいのもので十分かな?と思います。軽いものより、ミディアムかフルボディの赤ワインが向いています。

今回、口当たりを軽くしたかったのは、前菜をたくさん用意していたし、食後にはしっかり目のケーキも控えていたからです。パーティなどでご馳走をつくるときは、最後のデザートまで美味しくいただけるよう、全体のバランスを考えると良いですね!

皆さま、良いクリスマスをお過ごしください♪


↓ブログランキングに登録しました。クリックいただければ励みになります。



↓こちらもクリックよろしくお願いします。いつもありがとうございます!!


スポンサーサイト
料理レシピ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。