--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/02/26

ホワイトシチューのパイ包み

パイ包みのシチュー2
ホワイトシチューのパイ包み 
さくさくのパイ生地と、あったかホワイトシチュー。冬だけのお楽しみです。

ホワイトシチュー 人数分
冷凍パイ生地 適量
溶き卵 少量

1.パイ生地は冷凍から出し、少しだけ室温に出しておく。打ち粉をして、麺棒で軽く伸ばし、
  器の大きさより一回り大きめに切る。生地が柔らかくなってきたら冷凍庫に入れ、冷やしな
  がら作業してください。少し固いな、というくらいが作業しやすいです。
2.耐熱容器にホワイトシチューを入れる。シチューが熱い場合は、あら熱をとっておく。
3.器にパイをかぶせ、溶き卵を塗り、200℃のオーブンで15分ほど焼く。
パイ包みのシチュー


<ポイント>
残り物のシチューが、おもてなしにも使える料理に変身です。

パイ生地は、バターが何層にも重なってできています。室温に置きっぱなしでいるとバターが溶けてしまい、せっかくの層がつぶれてしまいます。パイ生地を伸ばして切った後は、オーブンの余熱ができる直前までは冷蔵庫に入れておき、そろそろ余熱が終わりそう、という段階で器にかぶせましょう。

私は、1月に作ったガレットデロワの折り込み生地の残りが冷凍庫にあったので、それを解凍して作りました。端っこ生地を集めた二番生地で十分です。

今回のパイ包みで余った三番生地?で、生ハムをくるくる巻いて、おつまみも作って一緒に焼きました。もし、余った生地を使う予定がなければ、ラップをしてジプロックなどに入れ、冷凍してください。また使えます。

写真を追加したので再アップしました。

↓ブログランキングに登録しました。クリックいただければ励みになります。


↓こちらもクリックよろしくお願いします。いつもありがとうございます!!


スポンサーサイト
料理レシピ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。