--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2015/07/09

簡単オイルサーディン

オイルサーディン2

真いわしを使って、簡単オイルサーディンを作りました。

1.真いわしは頭と内臓を取り除き、よく洗う。3~4等分に切る。
2.塩をたっぷりまぶして(ジャリジャリするくらい)、20分ほど置いておく。
3.サッと水で洗い、水気を拭いて鍋に入れる。オリーブオイルと
  サラダオイルを半々くらいにしてひたひたに加える。
4.お好みでローリエなどのハーブ類、黒こしょう(粒)、鷹の爪などを入れて
  フタをして中火にかける。フツフツきたらフタを取って、ごく弱火で30~
  60分ほど煮る。骨が柔らかくなったらOK。

↓煮る前
オイルサーディン


煮沸消毒したビンに入れて、オイルで表面が空気に触れない
ようにして冷蔵保管すれば1ヶ月ほど持ちます。

ほどほどに塩気が残ってるので、大根おろしをのせてそのまま
いただいても美味しいです。

パスタやサンドイッチの具にしてもオススメ!


↓ブログランキングに登録しました。クリックいただければ励みになります。


↓こちらもクリックいただけると嬉しいです。いつもありがとうございます。
スポンサーサイト
料理レシピ | Comments(0) | Trackback(0)
2015/04/05

カリフラワーのポタージュ

カリフラワーのポタージュ

先日、スーパーの見切り品コーナーで、カリフラワーが
半額になっているのを発見。

カリフラワーは好きなんですが、高いので普段は手が出しづらい・・・
というわけで、嬉しくてなって買ってきました。

もう春なので、今回でカリフラワーは食べ納めかな?

少し黒ずんでいたところがあったので削ぎ落とし、ポタージュにしました。

<大ざっぱな作り方>
オリーブオイルでスライスした玉ねぎ(小さめ1個)をじっくり炒めて
小房にしたカリフラワーと、ひたひたの水を加える。コンソメを加えて
カリフラワーが柔らかくなったら火を止めて、ブレンダーで混ぜる。
牛乳を加え、塩で味をととのえる。仕上げにバターとか生クリームを
少し加えると、より美味しくなります。


↓ブログランキングに登録しました。クリックいただければ励みになります。


↓こちらもクリックいただけると嬉しいです。いつもありがとうございます。




料理レシピ | Comments(0) | Trackback(0)
2015/04/04

そら豆のパスタ

そら豆のパスタを作りました。春ですね!

まずは、そら豆をサヤごと魚焼きグリルで焼きます。
甘くてホクホク~
そら豆

↓そら豆のパスタ
そら豆のパスタ

<おおざっぱな作り方・2人分>
オリーブオイルでにんにく1かけ、ベーコン(2~3枚)を炒めてから、
薄皮をむいたそら豆(好きなだけ)を投入。
ウォッカ(70cc)を入れてアルコールを飛ばし、湯むきして刻んだ
プチトマト(4個)、生クリーム(130cc)を加えてトロッとしたら
茹で上がったショートパスタを入れて塩、こしょうで味をととのえる。
パルメザンチーズをかけて出来上がり。

今回、ウォッカがなかったので、代わりに焼酎を入れましたが問題ナシ!
とっても美味しかったです。

そら豆をグリルで焼くのが面倒だったら、茹でてもOKです。

これは母のレシピで、料理教室でも人気でした。


↓ブログランキングに登録しました。クリックいただければ励みになります。


↓こちらもクリックいただけると嬉しいです。いつもありがとうございます。


料理レシピ | Comments(0) | Trackback(0)
2015/04/01

オイルサーディンとセルバチコ菜花のパスタ

オイルサーディンとセルバチコ菜花のパスタ

オイルサーディンとセルバチコ菜花のパスタ

1年ほど前から、有機野菜の宅配で有名なOisixで、食材を頼んでいます。
他の宅配も色々検討しましたが、オイシックスの野菜が美味しくて感動したのと、
珍しい野菜をたくさん取り扱っていたのが、選ぶ決め手となりました。

このパスタの上にのっているセルバチコ菜花も、オイシックスから届いた野菜。
ルッコラに似た、イタリアのハーブだそうです。ごまの風味と、少しピリっとした
辛い味がします。

<レシピ>
作り方は、とっても簡単。オリーブオイルでにんにくのみじん切りを炒めて、
良い香りがしたらオイルサーディンを加え、アルデンテに茹でたパスタと
和えて、塩、醤油で味をととのえ、セルバチコ菜花をのせただけ。

↑のレシピで、「塩、醤油で味をととのえる」の一文が抜けてました。すみません!

イタリアのハーブだけあって、オリーブオイルとの相性が良く、オイル
サーディンの魚臭さを消してくれて、爽やかな春のパスタになりました♪


↓ブログランキングに登録しました。クリックいただければ励みになります。


↓こちらもクリックいただけると嬉しいです。いつもありがとうございます。
料理レシピ | Comments(0) | Trackback(0)
2014/08/13

レモンのコンフィ(塩レモン)

レモンのコンフィ
レモンのコンフィ (塩レモン)

無農薬レモン 適量
粗塩 レモンの量1/3~同量

1.レモンは洗って、水気を拭く。1/4にカットして煮沸消毒したビンにレモン、粗塩を入れる。
2.冷蔵庫で保存する。柔らかくなってきたら使える。始めの数日は、時々ビンを振ると良い。
刻んで煮込み料理や、炒め物に使う。ドレッシングにもよく合う。

<ポイント>
いま流行りの塩レモンを作ってみました。上の写真は、塩の分量を30%ほどにして、ビンに入れてすぐに撮ったものです。数日してくると、トロッとしてきます。

私が昔教わったのは、レモンに切り込みを入れ、そこに塩をすり込んで漬ける方法。レモンのコンフィと言っていましたが、もう今は塩レモンという呼び名で定着していますね。最近出回っているレシピを見てみると、カットしてから漬け込む方法がほとんど。確かに、こっちの方が簡単で良いですね!

ただし、たいていのレシピは塩の分量が少なすぎて、カビてしまうことが多いのでは・・・と思います。1ヶ月以内に消費するのであれば塩の量は少なめで良いですが、長期保存したい場合は塩の量を増やすのがオススメ。そして、ビンから取り出すときは、清潔なスプーンかお箸を使いましょう。ビンのフタが金の場合、錆びてしまわないようラップをしておきます。

タジン鍋などの煮込み料理にはもちろん、炒め物にも。この前、砂肝とにんにく、塩レモンのみじん切りを炒めたら、ビールによく合うおつまみになりました。炒めても煮ても、レモンの爽やかな風味がきちんと残るので、レモン好きにはたまらない調味料です。

あとはサラダにも。簡単なレシピでオススメなのは、塩レモンのエキスとみじん切りを、ざく切りしたレタスと混ぜ、にんにくの薄切りをオリーブオイルで炒めて、熱々のままジュッとかけるだけ。とっても美味しくて、我が家の定番になっています!


↓ブログランキングに登録しました。クリックいただければ励みになります。


↓こちらもクリックよろしくお願いします。いつもありがとうございます。



料理レシピ | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。